クオルスオリジナルギフト「ハウスワイン」

クオルス・リストランテで提供しているハウスワインの赤と白のギフトです。

ブルソン・エチケッタ・ブル《契約栽培ブドウ・特注醸造》
蔵元/地方:Randi/Emilia-Romagna
ブドウ品種:ロンガネージ100%
熟成法:ステンレスタンク仕込、瓶内12ヶ月以上

現在クオルス・レストランでハウスワインとして提供している赤ワインです。
ロンガネージというブドウは1950年代に発見された絶滅寸前の土着品種でした。
このブドウから造られるワインを味わえるのは日本ではクオルスのみです。
果実味に溢れ、黒すぐりやカシスなどのフルーティさを感じるも味が濃く、
個性を感じられるのが特徴です。
このワインには生ハムやサラミ、チーズといった料理との相性が良いです。

ランベッラ“ファモーゾ” 《契約オリジナルラベル》

蔵元/地方:Randi/Emilia-Romagna
ブドウ品種:ファモーゾ100%

9月の中旬ごろの収穫。収穫は手摘み。果皮からの成分を極力抽出しないようにしてモスト(ブドウ果汁)を獲得し、ステンレタンクにて発酵作業を行った後、瓶内熟成を3か月程行います。

フレッシュな白ワインながら、複雑なさまざまな香りをたのしめ、また程よいコクがありますので、アペリティーボから、よほどしっかりとしたお肉料理以外(赤ワインでの煮込みなど)には、セコンドまで幅広く合わせることが可能ですので、白1本でアンティパストからセコンドまでという場合にもお薦めできる、使える1本です。

いよいよ我らがRambelaが、Qualsを通じて日本初上陸!!イタリアでも希少価値の、「超」がつく土着品種“Famoso"が、その名前の通り、名実ともに日本で“Famoso(有名)”になることを信じています。


Famosoというブドウ品種は、1430年代には文献の中にその名前がでてくる歴史ある品種。ただ、他の希少種類と同じように、その後のブドウ作りの歴史の中で相対的な扱いにくさによって徐々に衰退していった品種です。しかし、エミリア・ロマーニャ州が行った「希少品種発掘プロジェクト」において、その品種の価値が見いだされ、新たな品種として2009年に正式に認可されました。このFamosoを扱うワイナリーもこの地で5件程という大変貴重な品種ですが、近年のブドウ栽培技術の向上により、ブドウも毎年生産性も毎年上がっています。州のプロジェクトで再発見され価値が認められたこの品種は、エミリア・ロマーニャ州においても、まさに期待の星なのです!
  • 5,000円(税抜)